Share Button

Ring Version

Ki Tsu Ne

Ring Version image pic_01

Model / Rinko Photo / Th

EN / JP

When I read the lyrics for the first time, I felt as if this is Japanese haiku poetry because of the simple tight expressionism. Also by seeing within something similar to the impermanence of Buddism, I was more and more attracted to the tape.

 詩を初めて読んだ時、その簡潔な表現ゆえ、私は日本の俳句の様に感じました。また、その根底に仏教に通じる無常観を見る事で、私はより強くそのテープに惹き付けられて行きました。

We have already completed three versions and finished all the work towards this track. However, one day I decided to revisit the unused versions and from them I was inspired to make another one piece from my personal point of view which recycled these unused versions.

 既に私達は3つのバージョンを完成させ、この曲への作業を完了して居ましたが、ある時、採用されなかった多くのテイクを前に、もう一度、個人的な見地により、それらを再利用したものを作ってみようと思い立ったのです。

At that time I just lost my mother so I thought I would make this work with the thought and the structure of reincarnation. But at the same time I was not the professional of acousmato so I decided to try a different approach from my method of usual music production.

 丁度その頃、私は母親を亡くして居り、この作品を輪廻の思想と構造をもって制作しようと考えました。と同時に本来、音響の専門家でない私は、通常の音楽制作とは別のアプローチを試みる事にしました。

The tape itself and the time Mr. Wyatt spent in his room working is the prototype (substance) of this work. I have decided that the thought of this time and the space where it was created is the concept of this production.

 まず、そのテープこそが、この作品の原型(本質)で有り、そこにはワイアット氏の(恐らく)自室での幾つかの時間(想念)が記録されて居り、その時空間への想いを、私はこの制作のコンセプトとしたのです。

 全8曲からなる誕生から死に至る物語(構成)。そのラストは始まりに回帰し、輪廻を形成しています。劇中でのワイアット氏のボーカルは、全体の語り部、且つ、神(創造主)の声でもあると考えます。

04.01 The chorale, which covers the whole piece, expresses "emptiness" in sound. Through its existence there is no beginning nor end (though about 5 minutes after the guitar beginning), the sound cascades over and over again eventually produces something I feel is like a waterfall effect.

As a result it formed the ring on the sense of hearing (small reincarnation) which proceeds same lyrics repeating (turning).

 04.01 全体に在るコーラスは無を音響(唯物)化したもので、その始まりも終わりもない存在から(ギター序奏から約5分後)テープは何層にも時間をずらしながら、滝の様に連なって生まれ出ます。

 結果的に、それは同じ歌詞を繰り返し(回転し)進行する、聴感上のリング(小さな輪廻)を形成しました。

04.03 I converted the tape (sound source) to single musical scale by MIDI converter and overdubbed using various synthesizers. Because of this, the tape became incentive, but it is not lost, only withdrawn (something hidden inside the tape), I think.

 04.03 テープ(音源)をMIDI変換器により単一音階に変換。それを様々なシンセサイザー(音色)にて多重録音したものです。これによりテープは、動機のみとなりますが、この場合、私は失われたのではなく、(テープにある背後のものが)引出されたのだと考えます。

The old (inaccurate) MIDI converter produced a peculiar movement (music) like an action painting, something which could not be created by human hands.

 その古い(不正確な)MIDI変換器は、人間の手(感覚)では有り得ない、アクションペインティング、或は荒いデッサンの様な特異な動き(音楽)を生み出しました。

Ring Version image pic_02

Model / Rinko Photo / Th

04.05 This take is not converted by machine like the previous ones, this is where I tried to recreate the piece myself (played by human hand). I wanted to create something new and complimentary to the original, and used the original source tape as my inspiration, Thus I created this whilst listening to and working alongside the original tape.

 04.05 このテイクは、前述と違い機器による変換ではなく、本来テープにある音をモニターしながら人の手により演奏されたテイクを基に、前述テイクと同様に原型となるテープ、その不在(抽出)を試みた作品です。

Each take was made and overlaid onto the original tape randomly by overdub at the mix stage. At this time I was inspired by using musical instruments to mimick the sounds of animals.

 各テイクは、テープ(音)に幾重にも絡み、点在したもので、当時の私は、各楽器に於いて、動物を擬態する事に没頭していました。

04.07 This piece is using the long-held image and sound reverberation. I made the original using an analogue tape echo machine and a looping process which I gradually escalated (I see this as the ring process). At the end I also overdubbed the original tape on top.

 04.07 予てよりのイメージ、残響(非物質)による作品を試みたものです。アナログテープエコーに原型となるテープをエコー(ループ)させ、ゆっくりと時間を掛け(リング)回転速度を上げ(上昇)、最後に再びテープをオーバーラップする。

This (Ring Version) work is not music formatted by using musical scales or instruments. For this work I wanted to try to capture the mind behind the tape more than the music itself.

 この(Ring Version)作品は、単に音階や楽器による一般形式(表層)的な音楽ではなく、主となるテープ、背後にある心(非唯物)を形にする事こそが、今回の私の最大の試み(真価)でした。

Ring Version image pic_03

この作品を、亡き母と世界に捧げる。

This work is dedicated to my late mother and the world.

Th